6月にオススメのハーブ:ローズヒップ

2018-6-01

これから夏に向けて、紫外線も気になる季節ですね。

 

美肌対策にオススメなのは、レモンの20~40倍のビタミンCや、ビタミンP・Eを豊富に含むローズヒップです。

 

 

狂犬病の犬に噛まれた時にも使われたことから「ドックローズ」と呼ばれたり、

 

形状が手榴弾のようなので「ビタミンの爆弾」とも呼ばれたりしています。

 

ビタミンの相乗効果でシミやそばかすを防いだり、

 

シミやしわの原因となる活性酸素(※)という物質を消去するリコピンも含んでいます。

 

お茶で飲む場合は、実に有効成分が残っているので、実まで食べてしまうのがおすすめ。

 

そのままだと酸味が気になる場合は、ハチミツをかけてヨーグルトと一緒に食べるのも美味しいですよ。

 

丸ごといただいて、効果を最大限に感じたいですね!

 

 

※活性酸素

私たちが食品をエネルギーに変える過程や、日々のストレスや紫外線、食生活の乱れや化学物質の摂取によって発生する物質。

活性酸素は殺菌作用を発揮するなど有用である反面、量が多いと細胞膜を攻撃して酸化(老化)を引き起こします。皮膚の酸化はシミ・しわ・たるみに、血管の酸化は生活習慣病などの原因となります。

 

他にも6月にオススメのセルフケアを紹介中♪ ぜひのぞいてみてくださいね。→ WELLE ME HP

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Archive
Please reload

『美しくなるフードセラピー』夏号に掲載されました

June 11, 2018

1/4
Please reload

Please reload