『死ぬときに後悔すること25』

2010-10-29

 

何千人もの患者の最期を見届けてきた作者が、

彼らの死に際の体験を元に語る25の後悔について。

 

・好きな人に会いたい

・憧れの場所に行きたい

 

などは想像しやすいものもあれば、

 

・遺産の相続についてはっきりさせておくべきだった

・臓器移植などにおける自分の意志を、家族との相談を踏まえてはっきりさせておくべきだった

 

というような現実的な内容も多く、目を背けたくなってしまった。

 

確かに私の尊敬する祖父もいつ死んでも思い残すことはないと言っていて、

もう家族全員への遺書も書いてあると言っていた。

 

こういう話をすると私はいつも涙が出てきて

耳をふさぎたくなるのだけど、そうやって「死」と真正面から冷静に向き合っている

祖父の姿勢は尊敬しています。

 

今は考えたくないけれど、いつかはそういう現実的な部分も含めて

死について向き合おうと思わせる一冊でした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Archive
Please reload

『美しくなるフードセラピー』夏号に掲載されました

June 11, 2018

1/4
Please reload

Please reload