熊本の生産者さんをめぐる旅~2日目~

朝起きたらまずは温泉へ♪

露天風呂が貸切だったので贅沢な時間。

源泉かけ流しの湯は東洋医学でも気の巡りを良くするとされていますし、

かなりリフレッシュできました。

阿蘇の絶景を見た後は、、、

まずは緑米を農薬も化学肥料も使わずに育てられている農家さんへ。

続いて、自然派きくち村を運営されている渡辺商店の渡辺さんにインタビューをしに、

築200年の古民家を改造した郷土料理のお店「郷の恵」へ。 

現在の活動に至る前のお話や、現状の問題点など色々伺いました。

昨日訪れた放牧豚を使った豚汁も頂きました。

噛み応えがあって肉の旨味がすごい!

と同時に、命をいただくありがたみを噛みしめることができました。

最後は自然栽培の水田ゴボウの生産者さんのところへ。

「水田」という言葉から、水を張ったままの畑でごぼうを作る印象がありますが、

お米を作って収穫が終わった田んぼの後の畑にごぼうを作る栽培法で、

肥沃な土壌と名水百選にも選ばれる菊池水源から流れる清らかな水で育っているゴボウです。

水分を豊富に含んだ土壌で栽培する事で風味と香りが豊かになり、あくが少なく  色が白く、柔らかいのが特徴です。

実際にこちらのゴボウ茶を頂きましたが、濃厚で、これまでのゴボウ茶の概念が覆りました!

帰り道に見えた夕日も綺麗でした。

Category