【丸の内朝大学薬膳クラス⑦】痩せ体質になる薬膳!

2017-6-05

今日は丸の内朝大学 第7回 「痩せ体質になる薬膳!」

 

糖質制限が流行ってはいますが、

 

主食のお米をいただくことはエネルギー(気)を効率的に作るうえで大切だと考えます。

 

明治時代の庶民の食事は、米などの穀類を中心に、少しの魚介類・野菜・海藻・キノコ・発酵食品が中心でしたが、

 

人力車を10時間以上走らせる人力車夫や、何十キロもの米俵をかつぐ女性がたくさんいたのです!

 

「気」の旧漢字である「氣」には、

 

「米」という字が使われていることからも分かりますね。

 

また、実際に器械で精米の実演をしたり、

 

お米の洗い方から土鍋でのご飯の炊き方、

 

「玄米、3・5・7分つき、白米」までの違いを見ていただきました。

 

 

 

 

どんなに体に良いことでも美味しくなければ続きませんよね(^-^)/

 

筋肉をつけることも胃腸の機能をアップしてくれるので、毎日できる30秒筋トレを実践。

 

 

隙間時間にぜひトライしていきたいですね♪

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Archive
Please reload

『美しくなるフードセラピー』夏号に掲載されました

June 11, 2018

1/4
Please reload

Please reload