冷えとり薬膳×野草~自分の体質改善のヒントを得よう!~

2017-2-18

春の気配が感じられるようになってきたとはいえ、まだまだ寒いこの時期。

 

冷えをテーマにした薬膳イベントを、ハーブ王子こと野草研究家の山下智道さんと開催しましたので、

 

当日の様子を報告します。

 

 

 

「薬膳」というと、苦いものや熱いもの、なかなか手に入らない食材を用いるイメージはありませんか?

 

しかし、実際はそんなに大げさなものではなく、「自分の体が必要としているものを食べる」というシンプルなものなのです。

 

スーパーで手に入るものでも立派な薬膳になるのですね!

 

ここでまず大切なのは「自分の状態を知ること」。

 

例えば咳が出たら咳止めを、熱が出たら解熱剤を飲むように、症状を抑えることに慣れてしまっていると、自分の不調をじっくり観察するのは難しいかと思います。

 

今回はまず、自分のその日の体調を知ってもらうために、体質チェックシートを記入してもらい、

「冷え」の原因を探っていきました。

 

 

一言で「冷え」といっても、原因はさまざま! 大きくは以下の5つに分けられます。

 

A.パワー不足冷え

疲労、睡眠不足、汗のかきすぎ、極端な食事制限により、体全体を温めるパワーが不足しているタイプ

 

B.血不足冷え

長時間にわたるPCやスマホの使用による目や脳の使いすぎ、偏食、夜更かしなどで血の量が不足し、

体の隅々まで栄養が行き渡らずに冷えているタイプ

 

C.ストレス冷え

ストレスや緊張により自律神経のバランスが乱れ、体温調節や血液の流れがうまくいかなくなり冷えるタイプ

 

D.ドロドロ血冷え

血の質が良くないため、血管の通りが悪く血行が悪くなっているタイプ

 

E.水たまり冷え

体内の水分の巡りが悪くなり、余分な水分がたまったために冷えるタイプ。

 

 

それをふまえ、季節の野草をふんだんに使った冷えとりランチ(お鍋、大根もち、焼きりんごのスイーツ、野草茶)をご用意し、タイプ別にお薦めする食材を自由にトッピングしてもらいました。

 

 

 

 

陳皮とはミカンの皮を干したもので、今回使用したのは、祖母の家で自然栽培で育てたものです。

 

陳皮の香りは気(生命エネルギー)の巡りを良くしてくれて、ストレスの緩和や自律神経の調整にオススメです。

 

     (↑収穫前のみかんの様子)

 

 

ランチ後は、参加者から「体がポカポカになった」「汗が出てきた」という嬉しい声もいただけました。

 

今回のイベント内容が、皆さんがセルフケアしていく上でのヒントになれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

次回の薬膳×野草のコラボイベントは、6/3(土)に行う予定なのでお楽しみに♪

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Archive
Please reload

『美しくなるフードセラピー』夏号に掲載されました

June 11, 2018

1/4
Please reload

Please reload