風邪をひいたら森に行く?

現代社会に住む私たちは、無意識のうちに効率性や早く結果を出すことを重視しがちです。

これは健康にもあてはまるのではないでしょうか?

風邪を引いたり病気になると、薬を飲んだり点滴をしたりして、早く症状を抑えて

1日も早く復活させようとついつい焦ってしまいますよね。

東洋医学では、【心】の持ち方や、毎日の正しい【食事・休息・運動】の積み重ねが

自然治癒力を高めて健康な体を作ってくれると考えます。

まさに「ローマの道は1日にしてならず」ですね。

病気になってから慌てるのではなく、普段からできるセルフケアは少しずつ取りいれていきたいものです。

そこで今回は、自然治癒力を高めてくれる森林浴の魅力についてご紹介します。

1、フィトンチッドでリラックス

樹木が発散する揮発性の芳香物質「フィトンチッド」。

樹木が昆虫や動物などの外敵、細菌から身を守るための摂食阻害作用などが役割ですが、

私たち人間にとっては安らぎや爽快な気分をもたらしてくれることで知られています。

2、ストレスホルモンが軽減

森林で40分ほど過ごすと、唾液中のストレスホルモン「コルチゾール」が

減少することが分かっています。

3、免疫細胞の活性化

免疫を司るリンパ球の一種で、癌やウィルスを退治してくれる「ナチュラルキラー細胞」が活性化します。

ある実験では、被験者のグループの一方は都会で、一方は森の中で何日間か過ごしてもらった

ところ、森の中で過ごしたグループではナチュラルキラー細胞が活性化し、しかもその効果は

一時的でなく、1ヶ月後まで持続するという結果も出ています。

(都会のグループは変化が見られませんでした)

ヨーロッパでは、「風邪を引いたら森に行きなさい」という格言もあり、

森林療法が盛んに行われています。

森林療法の最先端をいくドイツでは、地形療法士が同行する森林療法に関しては保険を適用しています。

また、かつて人類は、食べもの、着るもの、道具などの生活に必要なものを全て森の中で得てきま

したし、今の生活に欠かせない石油、石炭、天然ガスも自然の恵みです。

私たちは長い間、森に守られてきたので、特別な想いがDNAに刻まれているのです。

だからこそ、森に入ると地球上のひとつの命としての自分を自覚し、本来の生命力を取り戻していくのです。

週末など、時間があればぜひ自然豊かなところに出掛けてみてくださいね♪

 <参考文献>

Category