ハーブの魅力「気持ち良い」を求める♪

2016-5-21

ここ最近はすっかりハーブの力に魅了され、ハーブティーを飲む、手作りのスキンローションやオイルを使う、顔にパックをする、、、等と楽しいハーバルライフを送っています♪

 

 

 

 

ハーブは、私たちが悩んでいる症状をダイレクトに治してくれるのではなく、

私たち人間が本来持っている自然治癒力のサポート役。

 

例えば、「胃が痛いのでカモミールを飲んだら改善された」のではなく、

「カモミールが私の自然治癒力を助けてくれて、胃の調子が良くなった」というのが正しい表現です♪

 

生まれながらに胃が痛い赤ちゃんなんていないのです。

 

生まれた時のナチュラルな状態に、私たちを戻してくれるのですね。

 

このようなパワーのおかげで、自分の感覚が研ぎ澄まされ、

「心からやりたいことに気づき・向き合える」「素直な気持ちになれる」

そんな心の変化が起きています。

 

また、ハーブの魅力としては、「気持ち良い」を追求できること。

 

効能だけでなく、色や香り、味、見た目で選んでも良いのです。

 

 

 

不思議なことに、その時に身体が求めているハーブは、美味しく感じます。

体調によって、味も異なって感じられます。

 

今の社会では、「○○すべき」ということに毎日追われてしまい、

「気持ち良いから」「直感で」という理由で、何かを選択する機会がなかなかありません。

 

慣れるまでは、五感だけで何かを決めることに、罪悪感のようなものがありましたが、

小さい頃から訓練を受けていないので、できなくて当然のことだったと気付きました。

 

もっと「自分の心の声」に素直に向き合って良いのですね。

 

 

 

身体からの大切なメッセージに耳を傾けていきたいと思います。

 

引き続き、ハーバルライフを楽しみたいと思います♪

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Archive
Please reload

『美しくなるフードセラピー』夏号に掲載されました

June 11, 2018

1/4
Please reload

Please reload