本屋さんに長時間の滞在

2011-2-14

高校の友達が北海道まで遊びに来てくれたので、

大きな本屋さんを回遊しながら、以下のようなことをあれこれ語りました。

 

 

・「○○力、○○が身につく」といった類の本は、確かに共感しモチベーションを上げることができる。

でも著者とは異なり、私たちの体験から裏付けられたものではないので

自身の内部に浸透しづらい。本質的な変化にはつながりにくい。

 

 

・成功者は自分の成功体験を一般化する。

しかしそれは成功したから言えるだけであって、後付けであることを忘れてはいけない。また、その著者を越えたいのであればその本のメソッドを行っても越えられない。

 

 

・ドラッカーを読む人には2種類ある。一方は本屋の店頭に並んでいるから手に取る人。もう一方は、時代の変化を捉え歴史の変化の文脈の中でドラッカーの重要性に気付いて読む人。

 

 

・ビジネスとレイバーは違う

 

 

知的好奇心を満たしてくれる友達に感謝です!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
Archive
Please reload

『美しくなるフードセラピー』夏号に掲載されました

June 11, 2018

1/4
Please reload

Please reload